ガレキの太鼓 garekinotaiko.com

Works

今までの全ての公演です。

ガレキの太鼓の公演は、劇場で行なう「本公演」、住空間で行なう「のぞき見公演」に大きく分かれます。

また、「巻き込まれ型」という新しいスタイルの演劇にも取り組んでいます。

詳しい説明はコチラ

のぞき見公演とは…?

2010年より始めた公演。劇場ではなく、マンション の部屋や一軒家など、住空間で公演を行う。

演劇の「つくりもの感」を徹底的に排除し、実際の生活を覗いている感覚を持ってもらうことは出来ないのか、という考えのもと始めた実験的公演。

人が人生の中でほぼ見ることがない他人の一場面を切り取り、目撃する。人間体感演劇。

作品の普遍性を感じてもらうため、複数作品を同時に上演する。2012年から5本立てでの公演となる。

巻き込まれ型演劇とは…?

2011年より始めた手法であり参加型演劇の一種。大きな制約を課しながら、観客に出演者になってもらうという点が、従来の参加型演劇と大きく異なる。